富士市・富士宮市・清水区・静岡市・沼津市周辺でフルートを習うなら

長谷川フルート教室

どうやって曲を表現するのか?

      2019/03/04

現役・フルーティスト
「長谷川フルート教室」の長谷川絢香(はせがわあやか)です

 

私の教室のテーマは、『自分の想いを乗せて、歌うようにフルートを吹こう』です。

富士市 富士宮市 清水区 静岡市 沼津市 三島市 フルート教室

 基礎もとても大切にしていますが、曲を表現することも初期の段階から大切にしています。

最初から歌心のある方もいますし、
中には、何をしていいのかわからず、ロボットのようになってしまう方もいます。

 

そういう方に、ぜひ試していただきたいのが、この方法です!

 

①曲名から、その曲をイメージする

曲に名前がついている場合、情景や心情、風景などのイメージがしやすいです。
曲名をヒントに、その人なりに曲のイメージを膨らめていきます!

②調性からイメージする

曲には必ず調性があります。

実際に曲に使われている和音を鳴らしてみて、その和音の持つ雰囲気を壊さないように、吹くようにしましょう。

 

③ピアノ譜を見ながら練習する

フルート譜だけを見て練習すると、どうしても独りよがりな演奏になりがち。

実際に、ピアノと合わせてみたら、全然イメージが違った!なんてことも…。

そうならないために、練習の時は、ピアノ譜(フルートパートとピアノパートが両方載っている譜面)を使って練習しましょう!

伴奏からも、曲のイメージを膨らめていきます。

 

 

まとめ

表現する、想いを乗せるのにも方法があります。
いくつかの方法を組み合わせて、曲のイメージを膨らませましょう。

レッスンでは、イメージに合う奏法をお教えして、曲を深めていきます。

自分の気持ちを音に乗せて歌えるようになると、ますますフルートが楽しくなりますね!

 - 練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

富士市 富士宮市 清水区 静岡市 沼津市 三島市 御殿場市 小山町 山梨県 フルート教室 
毎日ソノリテをやりましょう!

現役・フルーティスト 富士市の長谷川フルート教室の長谷川絢香です   …